Google検索で効率よく情報収集するための「ググり方」のコツ

インターネットの利用ユーザーなら誰もが一度は利用したことのある「Google検索」ですが、あるものを検索しようと思った時に「全然欲しい情報が見つからない」「なんてワードで検索すれば答えが見つかるのか分からない」となってしまった経験はありませんか?

Google検索で物事を調べることをネットスラングで「ググる」と言いますが、今回は上記のようなシーンで活躍する上手な「ググり方」のコツをお伝えしたいと思います。

コツその1「単語で区切って検索する」

まずはググるときの基本ではありますが、検索したい対象を「単語」に区切ってみましょう。

例えば「白いワンピースを着た女性の写真」だとすると、「白いワンピース」「女性」「写真」といった単語に区切ることができます。

一旦これで検索してみて、欲しい検索結果が得られない場合は単語を並び替えてみると結果にも変化があるので試してみてください。

コツその2「Google画像検索を使って検索する」

二つ目は「Google画像検索」を利用して視覚的に検索を行う方法です。

検索したい対象がの画像を持っている場合は、「画像で検索」を試してみると良いでしょう。
検索ボックスの右側にあるカメラのアイコンをクリックすると画像のアップロードが出来るので、検索したい対象が含まれている画像をアップロードするだけでGoogleが自動的に検索を行ってくれます。

画像で検索

また、検索したい対象が「文字」である時でも画像検索は有効な手段です。

例えば対象が「赤くて丸い果物」など「名前がわからないけど色や形はわかる」場合、Google画像検索で「赤 丸い 果物」といった具合で検索することで、「リンゴ」という欲しい情報を「視覚的に」得ることが可能なのです。

Google画像検索を効率良く行う方法は下記の記事でも詳しく解説しています。

Google画像検索の「検索ツール」をマスターして、効率よく画像を探そう

視覚的に検索が行えるというのは非常に効率が良い検索手段ですので、ぜひお試しください。

コツその3「英単語で検索する」

三つ目のググり方コツは「英単語に変換して検索する」というものです。

日本語で検索してあまり良い結果を得られなかった場合は、英単語に変換してから検索を行うことで、同じ意味合いでも違った結果を得ることができます。

例えば「シンプル 壁紙」だった場合、「simple background」という具合で検索することで、海外サイトが検索対象に含まれやすいため結果的にもっと多くの種類の壁紙を探すことが可能です。

コツその4「ページの更新日に注目する」

欲しい情報が見つかったとしても、ページの更新日が古いと結果的に使えない情報だったりするので、ページの更新日はチェックするようにしましょう。

もちろん新しければ新しいほど有益な情報の場合が多いです。
ただ、1〜2年前のページでも使える情報だったという場合もあるので、時間的に余裕がある場合はチェックしてみても良いかもしれません。

番外編「Akinatorで人物検索を行う」

これはGoogleとは関係ないのですが、筆者がよく「人物の特徴はわかるけど名前がわからない」という状況の時に使う手段です。

利用するサービスは「Akinator(アキネーター)」といい、ランプの魔人の質問に答えていくと自分が想像している人物をズバリ当ててくれるというものです。

Akinator ランプの魔人があなたの心を見通します

ゲーム感覚でプレイでき、かなり精度も高いため、人物検索においてはGoogle検索よりも効率よく情報収集できる手段と言えるでしょう。

コツが分かればサクサク「ググれる」!

基本的には「単語」で区切って検索する事が多いですが、個人的にオススメなのはやっぱり「Google画像検索」を利用した検索方法ですかね。

「調べることが上手な人」は職場でも重宝されること間違いなし。

さまざまな方法を駆使して「ググる」ことを日常的に行っていけば、「ググり方のコツ」を次第に掴むことができ、いつの間にかサクサク検索できるようになっているはずですので、ぜひ意識してトライしてみてください。